2015年 10月 31日
icon 8 / persona 2 -ebis films-
2001年からこれまでに七作を数える「icon」シリーズでは、滑走映像と音楽をシンクロさせた構成でスキー、スノーボード、テレマークスキーの魅力を表現してきた。2012年に発表された「Persona」では、スキー、スノーボードに長い時間携わり続ける、いわゆる「好きもの」を描くことで「雪の上を板きれに乗って滑り降りる」行為を掘り下げた。今作では、滑走イメージと、人物を通じたドキュメンタリー的要素をミックスした内容となっている。

ニセコを拠点に活躍するsnowsurfer、宮下健一、岡田修。佐々木大輔、河野克幸、清原勇太、渡邉雄太らによるアラスカ・ヘインズでの氷河キャンプ。テレマークスキーヤーの石橋仁とは、マタギの里、秋田 阿仁を訪れた。丸山隼人が提案してきた人口地形と自然地形の関係と魅力を探る「Bank & Bowl」。古くからツアースキーが楽しまれてきた八甲田と、このエリアの魅力を知り尽くした八甲田ガイドクラブ代表の相馬浩義に迫る。日本におけるテレマークスキーの草分け、栃内譲の活動を通して、その移り変わりを追う。
d0126729_21115881.jpg

[PR]

by amp8_topics | 2015-10-31 21:12


<< snowアイテム実験Vo.l 1      GO WILD -Herart... >>