2016年 01月 20日
やっぱり欲しいパウダーボード&フィールドレポート
みなさんこの寒気でウズウズしているのではないでしょうか!
寒気の到来で本日もフィールドテストへ!!
d0126729_1655896.jpg

花見山スキー場は最高のパウダースノー♪
滑りに夢中で写真がありませんが・・・
現地でお会いしたみなさんお疲れ様でした。



この大雪を120%満喫するするためにはやっぱりパウダーボード
ってことで、残り少なくなってきたamp取扱いのパウダーボードをご紹介します!


『BURTON Skip Jack Surf148(左)&Skip Jack152(右)』
d0126729_1763836.jpg

レイドバックしたサーフライクなライディング。
パウダーのツリーランなどで軽くて取り回しが楽なので細かいコントロールが可能に『Skip Jack Surf148』

俊敏な動きを可能にするスワローテイルとディレクショナルキャンバーで、
パウダーライディングも自由自在に
キャンバー形状なのでカービングも違和感なく滑ることもできます『Skip Jack152』






『BURTON Tough cat158(左)&Mod Fish156(右)』
d0126729_1754940.jpg

地形を問わずアグレッシブな滑りを見せる超タフな1本。
family tree史上最もレスポンシブなボードが、超高速ターンを授けます『Tough cat158』

どこでも楽しく動きまわれるボード
軽快な動かしやすさで、いつもより多くターンしてしまうファンボード
楽に、ルーズに動きやすい = 地形ライディングが最高に楽しめる
地形も雪も豊富な山で楽しめる1本!『Mod Fish156』






『TJ BRAND Napolen Fish147&153』
d0126729_1729508.jpg

独自の3Dコンベックス形状で自由自在な動きを生み出してくれ
パウダーはもちろん壁や沢といったR形状でも思い通りのラインが描けるマジックボード!!
3Dソールがもたらす別次元のスノーボードをしてみませんか?






『RICE28 BANRIDE156』
d0126729_17293449.jpg

圧雪バーンからサイドカントリーまで、タイトコースを鋭いターンで切り、
加速を落とさず、壁・ウォール・Rの様な状況下に対してスムーズな抜けができ、
アプローチまで、よりスピーディーな動きを可能。
楽な操作ができるようにとMID FLEXに設定した1日通して楽しめるボード。



パウダーボードは『敷居が高い』『西日本では使用回数が・・・』などありますが
年々、ボード形状の進化やフレックスバランスによって
メインボードとして使用されているお客様も増えてきています!!


パウダーボード選びに迷ったら、是非店頭のスタッフにお尋ねください
スタッフ全員パウダージャンキーです♪
[PR]

by amp8_topics | 2016-01-20 17:30 | PICK UP!!


<< シーズン中のワックスはいかがですか!      GET NEW DICE GO... >>